この前ラゾーナ川崎でヒルナンデスの三色ショッピングの撮影をしてたので

この前ラゾーナ川崎でヒルナンデスの三色ショッピングの撮影をしてたのですが、オンエアを見たら別の場所での撮影でした。どういうことですか?

来週の「着こなしガールズコレクション」 かもしれません 3色ショッピングで4人出演 (今日は森口博子さん、神田愛花さん、安藤美姫さん、三吉彩花さんで「FOREVER 21 新宿店」) 翌週の「着こなしガールズコレクション」で、このうちの3人が出演(おそらく森口博子さん、安藤美姫さん、三吉彩花さん) というパターンが多いです

不動産を購入する業者が信用して良い業者なのかわかりません。 不動産の購入を検討しています。 以前からマークしていた物件が出て、内見をしました。 フルリフォームが必要な状態で、その費用が100万単位になるとわかり、販売価格がフルリフォームしてあるものと同じくらいの価格だったので、 不動産業者が、値下げ交渉をする前提で買付申込書?を書いて欲しい、100万の値下げを交渉するから、ということで、100万下回る価格で買付申込書を書きました。 その後、不動産業者から、売主が値下げを受け入れたと聞き、半信半疑ながら購入のためのローン審査を進めていましたところ、 2週間ほど経った今日、 売主から、やはり価格はそこまで下げられないと連絡が来たと言われました。 不動産業者は、売主が、実際に購入を希望�

��る人がいることを知って気を変えたと説明していますが、 私には、それが本当なのかわかりかねます。 不動産業者は、100万の値下げを売主がいったん呑んで、その後欲が出たという説明をしていますが、 そもそも高額な商取引で、そのような理由が通るものなのでしょうか? 不動産取引に不慣れなため、成り行きに困惑しています。 このような経験のある方の体験談を教えていただければ、ありがたいです。

購入申込書に法的効力はありません。 ただ購入の意思を表したものにすぎません。 ただモラル的にはどうかと考えます。 現段階であれば売主の考え次第です。 (売主の判断基準は) ○現金一活で満額で買う人 ○融資を使う場合は融資が必ず降りて満額で買う人 ○その他 不動産業者は売主買主の間の仲介をしますが、売却に関する 決定権は売主が持っています。